【バス旅レポ】北杜市明野サンフラワーフェスティバル

【バス旅レポ】北杜市明野サンフラワーフェスティバル

記事更新日: 2017-08-07 261pv

【たかえみちこバス旅レポ】北杜市明野サンフラワーフェスティバル

◆北杜市明野サンフラワーフェスティバル

日照時間が日本一長い山梨県・北杜市明野で真夏に開催される「北杜市明野サンフラワーフェスティバル」。

太陽の光をたくさん浴びて元気に育った約60万本のひまわりが大地を黄色く染める景色は圧巻!

毎年7月下旬から8月下旬まで開催されます。

【たかえみちこバス旅レポ】北杜市明野サンフラワーフェスティバル

会場は「メイン会場」を中心に「浅尾新田会場」「農村公園会場」で挟んだ3つのエリアに分かれており、計23区画の畑で順次咲いていくので、期間中いつ訪れても満開のひまわりを鑑賞することができます。

バスツアーはできればお天気に恵まれたいもの。晴れの日が多い観光スポットは嬉しいですね。

太陽に向かってひまわりが精一杯黄色い花びらを広げている姿を見ると、こちらまで元気で明るい気分になります。大人の身長にちょうどいい高さで咲いていて、ひまわりに近づくこともできるので、素敵な写真を思う存分撮ってくださいね。

高台で遠くに南アルプスの山々も望めるので、自然豊かな遠景の写真もおすすめ。ただし広い空は爽快で気持ちが良い反面、日差しがもろに降り注ぐので、帽子などの日除け対策もお忘れなく。

メイン会場の目の前の畑では、黄色い「ハイブリッドサンフラワー」と赤い「プラドレッドシェード」で描かれた「ひまわりアート」も楽します。毎年デザインが違うので、今年はどんな作品に出会えるのか楽しみですね。

もしタイミングよくスタッフの方がひまわりウエディングの準備をしていたり、見頃を過ぎて頭が垂れたひまわりを刈り取っていたら、切り花をもらえるかもしれません。運良く遭遇できたら良いお土産になりますね♪

 

◆見るだけじゃない!グルメもお土産も

イベントなのでもちろんグルメやお買い物も楽しめちゃいます。

一押し名物は「ひまわりソフト」。優しい黄色のソフトクリームはほんのり甘酸っぱくてフルーティ。思いの外さっぱりといただけます。かわいくトッピングされたひまわりの種はナッツの様でポリポリと良いアクセントに。

 

【たかえみちこバス旅レポ】北杜市明野サンフラワーフェスティバル

 

他にも、朝4時に収穫した新鮮なとうもろこし(ゆで・焼き・生の販売も)や、地元のフルーツで作ったジュースやジェラート、八ヶ岳の間伐材でスモークしたベーコンやチキン(一緒にビールも飲めるのはバスツアーの特権♪)、八ヶ岳バーガー(八ヶ岳の小麦・川上村のレタス・高美町のトマトを使ったテリヤキチキンのハンバーガー)などもあります。屋根付きの休憩所で、ひまわり畑を眺めながらご当地グルメを満喫しましょう。

お土産には「サンフラワーペーパー」で作った小物はいかがでしょう。なんと明野のひまわりの繊維を漉いて作った山梨県の特産・西島和紙の特別バージョン!手漉きならではのラフな縁と薄茶色の紙が素朴で、ひまわりをモチーフにした柄もとてもかわいいので、自分用にもプレゼントにもおすすめです。

夏休み期間中のイベントで土日祝日は特に多くの人で賑わう人気スポットですが、バスツアーなら移動中も涼しい車内でゆったり過ごせて、アクセスの良い所で降ろしてもらえるので快適。ぜひ「北杜市明野サンフラワーフェスティバル」に足を運んでみてくださいね。

 

★今回ご紹介の観光地はこちら

北杜市明野サンフラワーフェスティバル
・開催期間:2017年7月22日(土)~8月20日(日)
・住所:山梨県北杜市明野町浅尾5664

 

 

ライター たかえみちこ

この記事を書いた人 たかえみちこ

他の記事を見る

イラストと文字で情報を伝える「イラストライター」。
プランが豊富で魅力いっぱいのバス旅。食事・観光地での過ごし方・行程の時間配分・休憩など、実際にツアーに参加して得た生情報を、イラストレポにしてお届けします。
私も旅も食も大好きで、バス旅も時々楽しんでいます。気軽に旅に行けて、旬の観光地へも渋滞や行列のストレスが少なく行けるのが嬉しいですね。 「たかえみちこのバス旅レポ」がツアー選びの参考になれば嬉しいです。ぜひ、バス旅を思いっきり楽しんでくださいね。
HP:http://www.takaemichiko.com

人気の検索キーワード

総合ランキング
テーマ

もっと見る

おすすめ観光地
地域別テーマ

もっと見る

twitterをフォロー facebookをフォロー

follow!