【バス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!

【バス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!

記事作成日: 2017-10-16 131pv

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!

房総の食のテーマパーク「道楽園」

海鮮浜焼き

海鮮浜焼き食べ放題」で立ち寄る「道楽園」は、館山道・富浦ICを降りてすぐの場所にある、飲食店・鮮魚店・土産物店が立ち並ぶ立ち寄りスポット。

魚の旨さに自信を持つ総合水産卸売会社が経営している施設なので、新鮮な房総の海の幸をいただくことができます。

びわゼリー・落花生のつかみ取り

バス到着後、まずは房総土産と焼き立てパンの店「おみやげ・物産館 カメリア」で、千葉特産のビワゼリーと落花生のつかみ取りにチャレンジ。

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!b0001

びわゼリーから手を離さいない粘りが勝利を導く。8個ゲットできました〜!

 

箱の天面の丸い穴から手を入れて一口びわゼリーを掴むのですが、穴が結構小さいので、出す時にしっかり握りしめておかないと落としてしまいます(落とした分はアウト)。びわゼリーは袋包装なのでつかみやすい反面、強く握ると破れて中身が出てしまうので気をつけて! 

続いて竹籠に入っている落花生をつかみ取り。思いっきり手を広げてたくさん掴みましょう!煎り落花生なので、どちらもバスのおやつにいいですね♪

時間があったら店内のお土産も見てみても。ただし、この後の食事処が荷物を置きにくいので、お買物は食後がおすすめ。

海女小屋で海鮮浜焼き食べ放題!

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!

さぁ、お待ちかねの海鮮浜焼き食べ放題です!会場は同施設内の「海鮮浜焼き食べ放題 市場食堂 海女小屋」。

向かい合わせに座り、2人で1台のコンロを使います。コンロは既に火がついていて熱気ムンムン!着席したら店員さんから食べ放題の説明があり、「ヨーイドン!」の合図で1時間の食べ放題開始!

食べ放題のラインナップは、浜焼き・海鮮丼・サラダ・みそ汁、果物やスイーツも。ソフトドリンクも無料ですが、アルコールは有料です。

磯の香りがたまらない!浜焼き

どれを焼こうか選ぶのも楽しい! 個人的にはホンビノス貝といわしバーグが気に入りました! 旨味があっておいしかった〜!

どれを焼こうか選ぶのも楽しい!
個人的にはホンビノス貝といわしバーグが気に入りました!
旨味があっておいしかった〜!

 

浜焼きの具材は鮮度が自慢のサザエ・ホンビノス貝・牡蠣(季節限定)・帆立、エビ・味付イカ・サワラ・アジの開き・いわしバーグといった魚介類から、鶏肉・焼鳥(モモ)・ソーセージの肉類、野菜はかぼちゃ・玉ねぎ・とうもろこしが並んでいます。

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!b0004

小屋内にずらりと並ぶ火の付いたコンロで汗が…。

貝類は焼いていると身や汁が飛ぶことがあるので、ザルをかぶせておきます。具材の芳ばしい香りに食欲が刺激されて、焼けるのが待ち遠しい!

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!b0005

手際よくサザエの身を取ってくれる店員さん。さすが。

焼き方のコツはテーブル上や店内に掲示してあるのでおいしく焼き上げましょう。生焼けと焼きすぎに気をつけて。

わからない時は店員さんに聞けば教えてくれますよ。テーブルにお醤油や七味などの調味料が置いてあるのでお好みの味付けで。何もつけなくても磯の塩味が効いておいしくいただけました。新鮮な貝の旨味がたまりません〜!

店員さんによると海鮮おじやもオススメとのことです。鉄鍋にごはんとこだわりの出汁・好みの具を入れて火にかけ、仕上げに溶き卵を入れます。私は残念ながら食べていないので次回は必ずや…!

 

マイスペシャル海鮮丼!

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!b0006

私はごはん少なめで具を全部のせ。もちろんおかわりもOK!

海鮮丼はマグロ(赤身・中落ち・ヅケ)・サーモン(脂の乗った腹を蒸したもの)・シイラ・カラスガレイのエンガワ・ツブ貝・玉子、そして鴨ローストも。酢飯の量も50g〜250gまで調整できます。好きなネタを好きなだけ盛って、マイスペシャル海鮮丼を作りましょう!

 

サイドメニューも見逃せない! 

【たかえみちこのバス旅レポ】食のテーマパーク「道楽園」で海鮮浜焼き食べ放題!b0007

その他、ポテトサラダ・トマト・オニオン・ワカメが揃うサラダ、海鮮のうま味が溶け込んだみそ汁、デザートにパインとオレンジのさっぱり果物や、さつまいもとりんごのゼリー・プチシュークリームもあり、最後まで飽きずに食べられて大満足でした!

ソフトドリンクも種類が豊富で、コーヒー・ココア・お茶は温冷、冷たいものは炭酸各種にジュース・ウーロン茶があります。とにかくコンロで暑いので、水分をしっかり摂りましょう。オレンジといちごのフローズンドリンクでクールダウンできますよ。

有料のアルコールはビールにサワー・房総地酒があります。暑いし浜焼きにビールが合いますね〜!バス旅なので安心して楽しんじゃいましょう♪

房総土産も充実!

つかみ取り会場だった「カメリア」ではびわのお菓子や落花生、海産珍味など房総特産品が、「おさかな市場 魚鷹」では鮮魚や加工品、青果も販売しているので、時間に余裕があればお買い物を楽しむのもいいですね。

(夏場は駐車中にバス車内が暑くなるので、保冷のものはお気をつけください、とのこと。)

さいごに

海女小屋は長テーブルとベンチ式のイスで荷物を置く場所に困るのと、食材を取りに何度も席から離れるので、大きな荷物はバスに置いて貴重品と必要なものだけ持参するといいかも。

新鮮な魚介類を網で豪快に焼いて食べる。しかも食べ放題!海の幸に恵まれた地ならではの食のおもてなしに大満足のランチでした。

 

★今回ご紹介の観光地はこちら

道楽園
・住所:千葉県南房総市富浦町深名505-1
・TEL:0470-20-4401
・営業時間:店舗により異なる
・HP:http://dourakuen.com/

 

ライター たかえみちこ

この記事を書いた人 たかえみちこ

他の記事を見る

イラストと文字で情報を伝える「イラストライター」。
プランが豊富で魅力いっぱいのバス旅。食事・観光地での過ごし方・行程の時間配分・休憩など、実際にツアーに参加して得た生情報を、イラストレポにしてお届けします。
私も旅も食も大好きで、バス旅も時々楽しんでいます。気軽に旅に行けて、旬の観光地へも渋滞や行列のストレスが少なく行けるのが嬉しいですね。 「たかえみちこのバス旅レポ」がツアー選びの参考になれば嬉しいです。ぜひ、バス旅を思いっきり楽しんでくださいね。
HP:http://www.takaemichiko.com

人気の検索キーワード

総合ランキング
テーマ

もっと見る

おすすめ観光地
地域別テーマ

もっと見る

twitterをフォロー facebookをフォロー

follow!