ひたち海浜公園のコキアの見頃は?おすすめツアーは?

ひたち海浜公園のコキアの見頃は?おすすめツアーは?

記事更新日: 2018-05-08 468pv

ひたち海浜公園のコキアの見頃は?おすすめツアーは?

 

丸くふんわりとまとまった不思議な植物「コキア」をご存知ですか? コキアの和名は「ホウキグサ」、はるか昔はコキアの茎を乾燥させてから束ねてホウキとして活用していました。そしてコキアの果実は「とんぶり」と呼ばれ、「畑のキャビア」としても親しまれています。

茨城県ひたちなか市にある「国営海浜公園」では、観賞用の品種になりますが、その「コキア」を観ることができます。夏の終わり~秋にかけて、少しずつ緑から赤に紅葉していくグラデーションの色合いは、とっても魅力的。また色鮮やかに紅葉したコキアが並んでいるのも、まさに絶景~!フォトジェニックな写真が撮れちゃいますよ~。

今回は、そのひたち海浜公園の「コキア」の見頃や、おすすめのツアーについて、ご紹介します。

 

田部
ひたち海浜公園のコキア、以前春野さんに写真で見せてもらったことがありますよ~!
丸内
へぇ!どんな感じでした~?
田部
なんだかね~、丸くてふんわりしていて可愛かったですよ!去年観に行きたかったんですが、スケジュールが合わなくって・・・。
丸内
そうだったんですね~。ひたち海浜公園なら他にも見どころ満載だし、私も興味あるなぁ。
比嘉
田部さん丸内さん、それでは今年こそコキア観賞に出かけてみてはいかがでしょう?今からならスケジュールを立てるのにも余裕がありますよ~!
田部
本当ですね~。ちょっと考えてみようかなー。
比嘉
是非是非に!これから詳しく、コキアの見頃やおすすめツアーについてご案内しますので、計画を立てて遊びに行ってくださいね!

コキアの見頃は?

国営ひたち海浜公園 コキア

コキアの鑑賞期間は7月上旬~10月下旬、ひたち海浜公園では「みはらしの丘」で観ることができます。

夏は新緑が爽やかなコキアを、9月下旬~10月上旬にかけては緑から赤に紅葉していくグラデーションのコキアを、そして10月下旬には真っ赤に染まった色鮮やかなコキアを観ることができます。鑑賞期間の間、少しずつ緑から赤へ色彩が変化を遂げていくのが魅力的な植物です。

また、コキアの鑑賞期間や見頃時期は、その年の気象条件によって多少変動することがあります。ひたち海浜公園へコキア観賞に向かう際は、事前に公式ホームページでご確認くださいね。

 

コキアを見に行くおすすめツアーは?

イメージ

ひたち海浜公園でコキアを観賞したいのなら、日帰りバスツアーがおすすめです。

日帰りバスツアーでは、バスに乗るだけで直接目的地へ連れて行ってもらえて楽々~!というのはもちろんですが、周辺にある他の観光地にも、効率的に立ち寄ることができます。

ここではひたち海浜公園へ行く日帰りバスツアーで立ち寄れる観光地についてご紹介します。日帰りバスツアーを利用してひたち海浜公園へ遊びに行く方は、是非!どの観光地へ行ってみたいか?お得なツアーを探す時の参考にしてくださいね。

 

 

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社

日本三大稲荷のひとつに数えられる「笠間稲荷神社」は、茨城県笠間市にあります。日本各地から年間350万人もの参拝客が訪れ、初詣参拝者数は茨城県で1位を誇ります。

「お稲荷さん」として日本人に最も身近な神様で、五穀豊穣/商売繁栄/殖産興業/開運招福/火伏(ひぶせ)の守護神として、多くの人に崇敬されています。1,360年ほどの歴史を有する由緒ある神社で、御本殿は江戸時代の末期安政・万延年間の再建、昭和63年に国の重要文化財に指定、また樹齢400年の県指定天然記念物の一重・八重の藤の巨木など、見応えありですよ。

 

成田山新勝寺

成田山新勝寺_本堂

天慶3年の開山より成田のお不動さまとして知られる「成田山新勝寺」は、千葉県成田市にあります。

真言宗智山派大本山の寺院で、大本堂/平和の大塔/三重塔/釈迦堂/光明堂/額堂/一切経堂/出世稲荷/聖徳太子堂などの御堂があり、その多くが重要文化財に指定されています。

また境内には、東京ドーム約3.5個分という広大で自然豊かな「成田山公園」があり、梅・桜・藤・菊・紅葉といった四季折々の自然も楽しむことができます。

 

大洗磯前神社

大洗磯前神社

斉衡3年(856)から続く「大洗磯前神社」は、茨城県東茨城郡大洗町にあります。御社殿は1730年に現在地に還座再興・社殿を施された彫刻と合わせて江戸初期の建築様式を実現し、県指定の文化財に指定されています。

またここで特に人気なのが、海の岩の上に立つ「神磯の鳥居」で、海と合わせた幻想的な風景を見ることができますよ~!

 

常陸国出雲大社

常陸国出雲大社

えんむすびの神様として名の知れた「常盤国出雲大社」は、茨城県笠間市にあります。結婚式・神葬祭でも利用でき、また厄除け/家内安全/商売繁盛/病気平癒などといった、その他のご祈祷にも対応しています。

境内には、縄文時代の巨木信仰に基づいた大社造りのご本殿や、正面に長さ16m重さ6mmの大しめ縄が掛けられてある拝殿などを見ることができます。

 

偕楽園

偕楽園

梅の芳香と歴史の景勝地とされている日本庭園「偕楽園」は、茨城県水戸市にあります。天保13年(1842年)に造園され、金沢の兼六園・岡山の後楽園に並ぶ日本三名園のひとつとして、国の史跡および名称にも指定されています。

園内には約百品種・3千本の梅が植えられ、早春の時期には観梅客で賑わいます。

またその他シーズンでも、春には桜、初夏には深紅のキリシマツツジ、真夏には緑あざやかな孟宗竹や杉林、秋には可憐な萩の花やモミジといった四季折々の見どころもたっぷり!園内の散策も楽しいですよ~。

 

かねふくめんたいパーク大洗

かねふくめんたいパーク

明太子の老舗かねふくが運営する「かねふくめんたいパーク大洗」は、茨城県東茨城群大洗町にあります。

明太子専門のテーマパークで、関東ではここが唯一!明太子の製造現場を間近で見られる工場ギャラリー(無料)や、ここでしか買えない新鮮な出来たて明太子の工場直売店や、特大明太子おにぎりや明太子ソフトクリームも食べられるフードコーナーが設置されています。

 

日立おさかなセンター

茨城県日立市南部の久慈漁港すぐそばには「日立おさかなセンター」があります。ここは地元の鮮魚店が、市場スタイルで並んでおり、近くの久慈漁港産直の新鮮な魚介類や地元の特産品などが充実しています。

日帰りバスツアーでは自由昼食プランで立ち寄ることが多いので、ランチでお好みの新鮮海鮮料理を堪能できますよ~。

 

あみプレミアム・アウトレット

あみプレミアムアウトレット

三菱地所・サイモン経営のアウトレットモール「あみプレミアム・アウトレット」は、茨城県稲敷郡阿見町にあります。

国内外約150ブランドが揃っているので、気になるブランドの商品を見つけられたら、お得にゲットすることも可能!アメリカ西海岸をイメージした緑豊かな環境でのショッピングを楽しめるのが魅力的ですよ~。

 

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

花の芸術村・花のテーマパーク「あしかがフラワーパーク」は、栃木県足利市にあります。約88,000㎡の園内には四季折々の花が咲き乱れ、8つの花の季節をテーマに季節感あふれる庭園となっています。

それぞれのテーマに合わせた数百種の花木が季節を彩り、見応えもたっぷり!ひたち海浜公園のコキア観賞と合わせて行くのなら、観賞時期的に、7月上旬~9月下旬なら水辺に浮かぶ花の妖精たち熱帯性スイレンやさるすべり・ランタナ、10月上旬~11月下旬ならパープルガーデン&ローズガーデンの2万株30万本のアメジストセージや秋バラ・ランタナ・熱帯性スイレンがおすすめです。

 

東武トレジャーガーデン

トレジャーガーデン

東武グループ運営の「東武トレジャーガーデン」は、群馬県館林市にあります。豊かな自然環境と歴史ある館林というロケーションにあり、約4,000種100万株の花園庭園を楽しめます。

ひたち海浜公園のコキア観賞と合わせて行くのなら、観賞時期的に、ここでは青のガーデンのラベンダーセージや、ローズガーデンのバラ・宿根バーベナ・カンナ・エキナセア、そしてロングボーダーガーデンのガウラ・ダリア・アキレアの花を楽しむことができます。

 

 

同じスポットに立ち寄るのに料金が大幅に違うのはなぜ?

いろいろな観光地に立ち寄ることができる日帰りバスツアー。同じ場所に立ち寄るプランなのに、料金が大きく違ってくることがありますよね。

その理由は主に「昼食付きか?」「昼食無しか?」となります。昼食が付いていない場合は、日帰りバスツアーの料金に昼食代は含まれていないため、お客様が自分で昼食代を支払うことになります。

日帰りバスツアー検討の際、もし同じ内容でも違う料金プランが存在した場合は、自分が好きなものを選んで食べられる昼食付きプランと昼食の心配が不要の昼食無しプラン、どちらが良いか?合わせてご検討くださいね。

 

田部
わぁ~、比嘉さんに改めていろいろと案内してもらったら、ひたち海浜公園のコキア、やっぱり観に行きたくなってきました~!
丸内
私もです!比嘉さん、詳しく教えてくださりありがとうございます!私も今年はコキアを観に行くぞ~。
田部
うーん、でも夏から秋にかけての行く時期によって、3パターンの色のコキアが見られるって、・・・どれがいいか悩んじゃうなぁ。
丸内
そうそう~、私もそれが悩みどころ。いっそのこと、コキア観賞期間の中で、他に行ってみたい観光地のプランが開催されているタイミングを選んでみるとか?!
田部
あ、その手がありますね!もし他の行ってみたい観光地がお花メインの場所なら、その見頃時期にも合わせて行かないとならないですしね~。
比嘉
お2人のお役に立てて良かったです!まだ夏までに少し時間があるので、いろいろとスケジュールを検討してみてくださいね~。日帰りバスツアーへのご参加、お待ちしてますよ~。

ひたち海浜公園のネモフィラの見頃は?おすすめツアーは?
478view2018-05-08 12:21:25
  茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」は、花と緑いっぱいの都市公園です。太平洋岸にあるため、海からの爽やかな...

都内から3時間以内に行けるおすすめ観光スポット
20487view2017-05-09 10:52:41
私、今度、友達とレンタカー借りて、ドライブに行くことになったんだ~! みんなでワイワイと車で遊び...

 

日帰りバス旅行会社スタッフ

この記事を書いた人 日帰りバス旅行会社スタッフ

他の記事を見る

日帰りバス旅行会社スタッフです。 わずか1日という短い時間で多くのスポットを巡り、さまざまな体験のできる日帰りバスツアーは、私たちの生活のすぐ隣に寄り添う、とても身近な「小さな旅」です。 誰もが当たり前のように利用している日帰りバスツアーですが、意外によくわかっていないことや、今さら聞きにくいと感じていることもあるのではないでしょうか。 そうした日帰りバスツアーにまつわる小さな疑問や、知っていると便利な情報、思わず誰かに教えたくなるような雑学などを、みなさんにお伝えしていきます。

人気の検索キーワード

総合ランキング
テーマ

もっと見る

おすすめ観光地
地域別テーマ

もっと見る

twitterをフォロー facebookをフォロー

follow!