日帰りバスツアーで一人旅におすすめの観光地

日帰りバスツアーで一人旅におすすめの観光地

記事作成日: 2018-07-25 562pv

明野ひまわり

日帰りバスツアーには「(家族・友人などの)グループで楽しむもの」というイメージがありますが、実際にはお一人で参加される方も少なくありません。全員の予定を調整する必要があるグループでの旅行と違い、一人旅なら急に休みができたときや、ふとどこかへ出かけたくなった時に、すぐに参加できます。

今回は、そんな日帰りバスツアーでの一人旅におすすめの、9ヶ所の観光地をご紹介します。

 

春野
なんか最近、休みの日にやることなくてつまらないんですよねー。日帰りバスツアーに行こうと思っても、なかなかみんなと予定が合わなくて……
丸内
それなら、たまには一人でツアーに参加してみたらどうかしら?
春野
えー? 一人だと、楽しくなかったりしませんかー?
丸内
ふふ、そんなことはないわよ。ねぇ、恵理ちゃん?
比嘉
そのとおりです! 一人でも楽しめる観光地だって、たくさんあるんですよ。さっそく、ご紹介しますね!

明野のひまわり畑 (山梨)

明野ひまわり

照りつける太陽と麦わら帽子、そして黄色いひまわり……映画でも絵画でも漫画でも、ひまわりは夏を象徴する重要なアイテムです。今の時代なら、SNS用の写真にとっても欠かすことのできない存在と言えるでしょう。

ひまわりで有名な観光地はいくつもありますが、特に人気を集めているのは、山梨県北杜(ほくと)市の明野(あけの)町です。日照時間が日本一長いとされるこの土地には、訪れる人々の目を思わず釘付けにするような、60万本ものひまわりが咲き誇っています。

毎年「明野サンフラワーフェス」という大きなイベントが開催される、最盛期の7月下旬~8月下旬頃の様子は、ただただ圧巻の一言です。これだけ素晴らしい光景を目にすれば、誰もがそれを形にのこしたくなるのではないでしょうか。

一人旅なら、撮影場所探しや構図に時間をかけても、急かされることはありません。マイペースでひまわりの中を歩き回り、ここぞというポイントで最高の写真や動画を撮影できます。

 

 

大谷資料館 (栃木)

大谷資料館

「大谷(おおや)資料館」は、建物などに使われる大谷石の特徴や採掘方法などについて学べる資料館です。一見、地味で真面目な施設に思えるかもしれませんが、実はこの資料館は、さまざまな映画やドラマ、有名アーティストのPVなどの撮影に使われている、隠れた人気スポットです。

その秘密は、地下の採掘場跡にあります。1986年までの約70年間、大谷石の採掘が続けられてきた広大な空間には、まるで冒険映画やゲームの中の地下遺跡のようで、灯りに照らし出された石の壁と、夏でも肌寒くなるような冷気が、探検気分を盛り上げてくれます。

時にはコンサートや美術展、結婚式などの会場として使われることもありますが、普段は静かでおごそかな、非日常を強く感じられる場所です。こうした空間で困るのは、突然日常的な話題を振られて、現実に引き戻されてしまうことですが、一人旅ならその心配はいりません。心の中でお気に入りのBGMを奏でながら、地下世界の探検を満喫できます。

 

 

富士山五合目 (山梨)

富士スバルラインから富士山

車で行ける「富士山五合目」は、山梨へ行く日帰りバスツアーの立ち寄り先として選ばれることが多い観光地です。

日帰りバスツアーの中には、ここから数時間のトレッキングを行うものもありますが、多くのツアーでは他の立ち寄り先と同じように、数十分(1時間以内)の滞在となっています。なぜなら、富士山五合目(の駐車場付近)には、多くの施設があり、ここだけで「プチ富士登山」気分が味わえるからです。

はがきに富士山の消印が押される簡易郵便局や、富士山ならではのお土産が買える売店、五合目の辺りを支配していたという天狗を祀った小御嶽(こみたけ)神社など、人気のスポットをチェックし、さらに五合目からの眺めを堪能したり、撮影したりしようとすると、滞在時間はすぐにすぎてしまいます。

このようなスピードが要求される場面では、一人旅の身軽さが役に立ちます。お目当てのスポットに素早く移動し、素敵な富士山の想い出を増やしましょう。

 

 

清里テラス (山梨)

清里テラス

「清里テラス」は、清里高原のリゾート施設「サンメドウズ清里」の中にあるカフェです。標高1,900mという高地の斜面に設置されたソファに腰を下ろせば、視界いっぱいに山梨の大自然が広がります。大スクリーンの映画館を貸し切りにしても、この感動は得られません。

目の間に確かに存在する山々が放つパワーと、高原の清らかな空気や爽やかな風に包まれながら味わう上質なスイーツは、普段の何倍にもおいしく感じられるはずです。SNS用の写真を撮影する際も、この景色をうまく活かせば、非常に「映える」一枚が撮れるでしょう。

清里テラスには、おしゃれなイスや大型のソファ、オットマン(※足を乗せる台)付きのソファなど、複数のタイプの席があります。誰かと一緒に来ていれば、席選びにも気をつかいますが、一人旅なら自由そのもの。山梨名産の甲州ブドウを使ったワインやスイーツを片手に、気に入った席で物思いにふけることができます。

 

 

テルムマランパシフィーク (千葉)

テルムマラン アクアトニック

タラソテラピーによる美容と癒やしの施設「テルムマランパシフィーク」。タラソテラピーとは、海の持つ力を活用した療法のことで、温かな海水が満たされたプールでの運動や、良質な海藻のペーストを用いた海藻パックなど、徹底的に海にこだわった方法で心と身体のケアが行われています。

日帰りバスツアーの中には、このテルムマランで1日たっぷりとすごせるものも存在します。通常の観光地とは目的が異なるため、今回の9ヶ所の中では最も一人旅に適していると言えるかもしれません。

日帰りバスツアーを利用しない、本当の一人旅では往復の手間(電車と駅からのバスの乗り換え)や予約など面倒なことも多いのですが、ツアーなら簡単ですし、費用の面でもお得になります。

「大切なリラックス&リフレッシュタイムを誰にも邪魔されたくない!」「誰にも気づかれず、こっそりお肌を磨きたい!」という場合には、お一人でのエステツアー参加を考えてみてはいかがでしょうか。

 

三井アウトレットパーク木更津 (千葉)

 三井アウトレットパーク木更津

「三井アウトレットパーク木更津」は、約36,000平方mの敷地に230以上の店舗(※2018年7月時点)が並ぶ、きわめて大規模なアウトレットモールです。

アウトレットモールの最大の魅力は、良質な商品が低価格で手に入ることですが、近年はグルメ方面にも力を入れている所が多く、こちらの施設にも、近隣のマザー牧場の直営店やローストビーフ、ピザ、ハンバーガーなど多彩な店が集まっています。

店舗数が多いのは、単純に考えれば喜ぶべきことですが、グループで行動する場合は「なかなか行き先が決まらない」という問題も引き起こします。互いに譲り合いを繰り返して時間を浪費してしまったり、譲りすぎて本当に行きたかったショップに行けなかったり……といった悲しい事態は、できる限り避けたいものです。

アウトレットモールへ行くショッピングツアーにお一人で参加すれば、周囲に気をつかわずに、思う存分お好みの店でのお買い物を楽しめます。

 

 

吹割の滝 (群馬)

吹割の滝

幅が30mもある「吹割(ふきわれ)の滝」は、「東洋のナイアガラ」と呼ばれることもある豪快な滝です。7mの高さから流れ落ちる水の量はとても多く、「川の水の侵食によってできあがった」という説明に心から納得してしまうような勢いが感じられます。

冬は足元が危険になるため閉鎖されてしまうものの、雪が溶けて一段と水量が増す春や、天然のミストのような水しぶきが爽やかな涼しさを与えてくれる夏、そして紅葉の彩りが加わる秋と、それ以外の季節は訪れるタイミングによってさまざまな顔を見せてくれます。

滝はただ見ているだけでも心を癒やしてくれますが、時にはその水音に集中し、滝行のように積極的な気持のリフレッシュをしたくなることもあるかもしれません。目を閉じて澄んだ水音に聞きいっている間は、誰にも話しかけられたくないもの。一人旅なら、余計なおしゃべりで雰囲気を壊されることはありません。

 

 

はちみつ工房(大竹養蜂場) (千葉) 

はちみつ工房

添加物を使用していない、おいしい蜂蜜を販売している「はちみつ工房」。ここでは養蜂場の見学を通して、質の良い蜂蜜を生み出すための努力や工夫を知ることができます。

蜂という言葉には、すこし怖い響きもありますが、きちんと区切られたスペースからの見学は安全そのものです。見学の終わりには、数種類の蜂蜜の試食タイムもあり、お土産を買う前に濃厚で純粋なその味を確かめられます。甘いものがお好きな方には、たまらない観光地ではないでしょうか。

大勢のグループの場合、「虫(蜂)が苦手」という声によって養蜂場見学を含むツアーへの参加が難しくなることもありますが、一人旅なら蜂蜜の生産に興味が湧いた時点で、すぐに参加を決められます。また、これは養蜂場に限らず、見学を行える施設全般に言えることですが、「見学の際に、説明を聞くことに集中できる」という点も、一人旅のメリットと言えるでしょう。

 

 

入笠山 (長野)

入笠山

富士山や八ヶ岳など、山頂からの眺めが素晴らしい「入笠山(にゅうかさやま)」。「麓からゴンドラに乗れば、標高1,780mの地点まで一気に登ることができる」という手軽さで人気の山で、数時間のトレッキングを行う日帰りバスツアーも企画されています。

ゴンドラの到着する駅から山頂(標高1,955m)までは徒歩で1時間ほど。春や夏にはさまざまな花が咲く、彩り豊かな道のりです。一人で山歩きをする最大のメリットは、「マイペースを維持できる」ということです。ツアーである以上、制限時間は意識しなければいけませんが、それを守る限り、足元の花に目をやるのも、歩く速度を調整するのも自由です。

お互いに励まし合いながら歩くグループでの山歩きも良いものですが、この自由さにも大きな魅力があります。まずは一人でトレッキングを経験し、必要な持ち物や身体の疲れ具合を知っておけば、他の方を誘うのもより簡単になるかもしれません。

 

 

 

※本記事内の情報は、すべて2018年7月時点のものです。

 

 

 

丸内
大勢で行くのも楽しいけど、一人ならではの良さっていうのもあるのよね。一人旅好きとしては、そのことをみんなにもっと知ってもらいたいわ
比嘉
そうですね、一人旅『も』アリなんだ、って考えると、旅の幅が広がりますよね♪
春野
ホント、けっこうおもしろそうですねー、一人旅! 次の休みにでも、行ってみようかなー?

1人参加はどの位?1人で参加できる?
2315view2017-03-22 23:01:58
今度、どうしても行きたい日帰りバスツアーがあるんだけど、ちょっと迷っててねえ… どうしたんですか?...

日帰りバス旅行会社スタッフ

この記事を書いた人 日帰りバス旅行会社スタッフ

他の記事を見る

日帰りバス旅行会社スタッフです。 わずか1日という短い時間で多くのスポットを巡り、さまざまな体験のできる日帰りバスツアーは、私たちの生活のすぐ隣に寄り添う、とても身近な「小さな旅」です。 誰もが当たり前のように利用している日帰りバスツアーですが、意外によくわかっていないことや、今さら聞きにくいと感じていることもあるのではないでしょうか。 そうした日帰りバスツアーにまつわる小さな疑問や、知っていると便利な情報、思わず誰かに教えたくなるような雑学などを、みなさんにお伝えしていきます。

人気の検索キーワード

総合ランキング
テーマ

もっと見る

おすすめ観光地
地域別テーマ

もっと見る

twitterをフォロー facebookをフォロー

follow!