季節の花・紅葉

ラベンダーのツアーの日帰りバスツアー一覧

たんばらラベンダーパーク
たんばらラベンダーパーク
ラベンダー畑というと、北海道の富良野ばかりを思い浮かべてしまいますが、関東や関西にも多くのラベンダーを見られる場所はあります。たとえば、群馬県の「たんばらラベンダーパーク」では5万株ものラベンダーが栽培されていて、一面に広がる紫のじゅうたんを見ることができます。梅雨が終わり、爽やかな青空が広がる7月には、楽しい日帰りバスに乗って、甘い香りの漂うラベンダー畑へお出かけしませんか?

ラベンダーのツアー 日帰りバスツアー 出発地別最安値一覧


最安値情報が見つかりませんでした

関連情報から他の目的・テーマカテゴリがの日帰りバスツアー最安値がチェックできます。

比嘉 恵理
比嘉 恵理のコメント

神秘的な紫色の花が印象的なラベンダーは、「不眠を改善する」「気持ちを落ち着ける」「痛みを鎮める」といった身体のことから衣類の虫よけまで、さまざまな目的で使われてきたハーブです。実際の効果については研究が進められているところですが、あの香りがすると、なんとなく落ち着く気はしますよね。
ラベンダーには早咲きや遅咲きの品種があり、毎年1ヶ月ほど花を楽しめます。開花の時期は地域によって多少違いますが、早ければ6月の下旬には咲き始めます。8月の中旬には遅咲きの花も寂しくなってきますから、ラベンダー畑へ行くなら7月の中旬から8月の初め頃までがおすすめです。
日本では知名度の低かったラベンダーですが、広大なラベンダー畑で有名な北海道の富良野を舞台としたドラマ「北の国から」や、物語の中でラベンダーが重要な役割を果たす小説「時をかける少女」などの影響で、現在ではすっかりおなじみの存在になりました。今の私たちの暮らしにはラベンダーの香りがあふれていますが、それは自然に咲いているラベンダーの花の香りとはやはり違うものです。本物を目にし、その香りに包まれたくなった時には、ぜひ日帰りバスツアーをご利用ください。

比嘉 恵理

ラベンダーのツアーの日帰りバスツアー一覧


条件に当てはまるツアー情報が見つかりませんでした。

条件を緩めて再検索してみてください。

その他の季節の花・紅葉ツアーを見る

他のテーマから日帰りツアーを探す

白い品種もまれにありますが、ラベンダーと言えばやはり紫。色の濃いものにも薄いものにも、赤や黄色といった明るい花より、すこし大人びた雰囲気があります。慌ただしい毎日の中でラベンダー畑を訪れれば、その色と優しい香りが穏やかな日々を思い出させてくれるかもしれません。
『日帰りバス旅行会社』では、爽やかな甘さが気持ちをリフレッシュしてくれるフルーツの食べ放題ツアーや、丸い形がとてもキュートなコキアを見に行くツアーなどもご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ご利用について

  • 日帰りバス旅行会社は、日帰りバスツアーの情報を検索比較する情報サイトです。日帰りバスの情報は各サイトから集めて掲載していますが
    変更になっている場合もございます。最新の情報は各社にお問い合わせください。
  • 当サイトではご予約・販売・お問い合わせは行っておりません。掲載各社にお問い合わせください。
  • ご予約に関してはお客様と旅行会社との直接契約となり、契約の不履行や損害に関して一切の責任を負いかねます。
▲ 日帰りバスツアートップ