季節の花・紅葉

バラのツアーの日帰りバスツアー一覧

谷津バラ園
バラ
遠い昔から、世界中の人々を魅了してきたバラ。小さな花びらが重なり合った見た目の美しさと、香水には欠かすことのできない上品な香りは、バラの香油を愛用していたクレオパトラや、離宮で栽培に情熱を傾けたマリー・アントワネットといった、歴史に名を残す女性たちにも深く愛されました。日帰りバスツアーの合間に、そんなバラに近づけば、鮮やかな色と香りが心をリフレッシュし、旅の続きをさらに楽しくしてくれます。

バラのツアー 日帰りバスツアー 出発地別最安値一覧

比嘉 恵理
比嘉 恵理のコメント

バラには、春に1回だけ咲く「一季咲き」のものと、春から秋にかけて何度も咲く「四季咲き」のものがあります。四季咲きは秋まで周期的に咲くタイプや、不定期にもう一度だけ咲くタイプ、夏までポツポツと咲くタイプに分かれていますが、いずれも夏は勢いが弱く、花を咲かせずに休ませるバラ園もあるため、おすすめの季節は春と秋になります。冬の間に蓄えたエネルギーを短い期間に集中させる春の一季咲き、フレッシュな春の姿と半年をかけて完成された秋の姿の両方が楽しめる四季咲き、どちらも本当に素晴らしいですよ!
見た目だけでなく、香りにも大きな魅力があるのがバラの良さです。香水はもちろん、芳香剤や洗剤のような身近な製品にも、バラの香りが使われていることが多いですよね。実際のバラの花が放つ香りは香水ほど強いわけではありませんが、花に顔を近づければ、思わずため息が出るようなあの香りがハッキリと伝わってきます。ただし、その状態で呼吸を繰り返してしまうと、吐いた息が混ざり、バラの香りがわかりにくくなってしまいます。花のそばで息を吸ったら、すぐに顔を離すようにすると、純粋なバラの香りだけを楽しめます。

比嘉 恵理

バラのツアーの日帰りバスツアー一覧

その他の季節の花・紅葉ツアーを見る

他のテーマから日帰りツアーを探す

19世紀の初めにロサ・キネンシスとロサ・ギガンティアという二つの系統のバラがヨーロッパにもたらされてから今日まで、数え切れないほどの新たな品種が生み出されてきました。バラ園への旅は、この花に情熱を注いできた人々の歴史と努力を感じられる旅です。
『日帰りバス旅行会社』では、バラのように多くの品種が作られているチューリップを鑑賞するツアーや、栽培する人間の工夫に応えてさまざまな色の花を見せてくれるあじさいを楽しむツアーなどもご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ご利用について

  • 日帰りバス旅行会社は、日帰りバスツアーの情報を検索比較する情報サイトです。日帰りバスの情報は各サイトから集めて掲載していますが
    変更になっている場合もございます。最新の情報は各社にお問い合わせください。
  • 当サイトではご予約・販売・お問い合わせは行っておりません。掲載各社にお問い合わせください。
  • ご予約に関してはお客様と旅行会社との直接契約となり、契約の不履行や損害に関して一切の責任を負いかねます。
▲ 日帰りバスツアートップ