季節の花・紅葉

桜を見に行くツアーの日帰りバスツアー一覧

桜
河津桜
春の風物詩、桜のお花見。日本には桜の絶景が見られるお花見の名所が数多く存在します。でもやはり少し遠くにある名所はなかなか行きづらいですよね。毎年家の近くでお花見している方も多いんじゃないでしょうか?ポピュラーなソメイヨシノや、滝のように花がつく様が美しいシダレザクラなどの桜の木が何百何千と立ち並ぶ壮観な光景は、やはりお花見の名所ならでは。バスツアーなら、大変な長時間の運転も必要なく桜の絶景スポットに簡単に行けちゃいますよ!

桜を見に行くツアー 日帰りバスツアー 出発地別最安値一覧

桜を見に行く日帰りバスツアー

春野
私、春の花だと桜が一番好きなんですよねー、自分と同じ名前だから。
丸内
素敵な名前よね。……それじゃ、次のバスツアーは、やっぱりお花見系かしら?
春野
そのつもりなんですけど……、桜ってすぐに散っちゃうじゃないですかー。だから、いつ頃見に行ったらいいのかなー、って悩んじゃって……
比嘉
確かに、桜が満開の時期を狙うのって難しいですよね。去年までのデータを調べてみませんか?

 

桜の開花時期は?

若干遅れる年や早くなる年もありますが、日本全国の桜の開花時期は下の表のようになっています。

北海道(5月の初め)や沖縄(1月の半ば~終わり)といった例外的な場所を除けば、開花時期はだいたい3月の15日から4月の終わり頃までです。桜が満開となるのは開花から5~10日ほど後で、そこから花が散るまでも同じく1週間ほど。つまり、ある品種の桜の見頃は約2週間前後ということになります。

エリア 開花時期
北海道エリア 4月末~5月下旬
東北エリア 4月上旬~4月末
関東エリア 3月下旬~4月上旬
信越エリア 4月上旬~4月中旬
東海エリア 3月下旬
関西エリア 3月下旬~4月初め
中国エリア 3月下旬~4月初め
四国エリア 3月中旬~3月下旬
九州エリア 3月中旬~3月下旬
沖縄エリア 1月中旬~1月末

この表は気象庁の「[桜の開花日(2011-2017年)](http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/sakura003_06.html)」を参考にしています。一部の地域を除き、ソメイヨシノのデータです。

綺麗な桜が見られる人気のスポットは?

街の中で見かける桜も風情がありますが、「桜の名所」と呼ばれるような場所で見る満開の桜は、言葉で言い尽くせないような感動を与えてくれます。数ある桜の名所の中から、日帰りバスツアーで訪れることの多いスポットを厳選してご紹介します。

< 東北エリア >

花見山公園 (福島県)

花見山公園

見頃 4月上旬~4月下旬

まさにお花見のための場所のような名前の「花見山公園」は、国や県の管理する自然公園ではなく、農家が善意で公開している私有地です。そう聞くと、素朴なものをイメージしてしまいますが、実際には桃源郷にもたとえられたほどの立派なもの。さまざまな品種が植えられているため、一つの品種に特化した名所とは違う味わいがあります。

 

< 関東エリア >

目黒川 (東京都)

目黒川

見頃 3月下旬~4月上旬

世田谷区→目黒区→品川区と流れる「目黒川」の観光名所は、池尻大橋から始まる約4kmの(目黒区内の)区間。両岸に植えられた約800本の桜が川に向かってせり出している様子は、まるで絵画のよう。桜の時期に行われるぼんぼりを使ったライトアップも雰囲気満点で、夕方から夜にかけて訪れれば、夢の中のような光景を目にすることができます。

 

 

 

六義園 (東京都)

六義園

見頃 3月中旬~4月上旬

「六義園(りくぎえん)」は、徳川5代将軍綱吉に仕えた柳沢吉保(よしやす)が、自らの手で造り上げた庭園です。春には高さ約15mものしだれ桜が、見事な姿を見せてくれます。この六義園の他にも、東京都内には隅田公園や千鳥ヶ淵公園、明治神宮に靖国神社と、数え切れないほどの桜の名所があり、バスで1日見て回っても飽きることはありません。

 

< 東海エリア >

河津桜(河津町の桜) (静岡県)

河津桜

見頃 2月上旬~3月上旬

静岡の「河津(かわづ)桜」は、「本州で一番早い」と言われる早咲きの桜。他の土地よりも一足早く、2月(時には1月の終わり)には、次第に花を咲かせ始めます。中心となる時期には「河津桜まつり」というイベントも行われ、大いに賑わう観光地です。まだ寒さを感じる季節に、華やかに咲く桜を見たい時には、こちらがおすすめです。

 

三嶋大社 (静岡県)

三嶋大社 桜

見頃 2月中旬~4月中旬

「三嶋大社」は、早い時期から咲くカンザクラから、4月に入ってから花をつけるヤエザクラまで、参道沿いに多くの種類の桜が並び、比較的長い期間桜を楽しめるスポットです。その中でもソメイヨシノが咲く3月下旬から4月の上旬はイチオシの時期。可憐な花が、本殿へと向かう道を見事に飾ってくれます。

 

< 関西エリア >

吉野山 (奈良県)

吉野山

見頃 4月上旬~4月末

約3万本あるという「吉野山」のシロヤマザクラは、麓側から順に「下千本・中千本・上千本・奥千本」という4グループに分かれています。「千本」と名付けられているのは、ひと目見ただけで千本はあったように感じられるほど、どのグループの桜も密集しているため。この桜が下から上へ順に咲いていく様子は壮観です。

 

姫路城 (兵庫県)

姫路城

見頃 3月末~4月上旬

世界遺産にも選ばれた日本の名城「姫路城」は、桜の名所としても知られています。城と桜は、どちらも日本らしさを強く感じさせる相性の良いものですが、「白鷺城」とも呼ばれる姫路城の美しい白壁は、主張しすぎない桜の花の色をいっそう引き立ててくれます。歴史好きなら桜と城で2倍楽しめるスポットです。

 

< 九州エリア >

一心行の大桜 (熊本県)

一心行の桜

見頃 3月下旬~4月上旬

「一心行(いっしんぎょう)の大桜」は、樹齢400年以上とされる巨大なヤマザクラ。昭和初期に、幹が細かく(6本に)裂けてしまうような大きな落雷があったのですが、それによって枝の広がりが増し、地面すれすれの所から弧を描く独特の形状を手に入れました。ソメイヨシノが並ぶ一般的な桜の名所とは異なりますが、見るべき価値のある名観光地です。

 

※本記事内の情報は、すべて2018年3月時点のものです。

 

比嘉
多少ズレることもありますけど、『映える』写真を撮るなら、このぐらいの時期がいいと思いますよ。
春野
ああっ! その辺は忙しくて、ちょっと微妙かも……!? かなりがんばらないと……
丸内
ソメイヨシノにこだわらないなら、『遅咲きの桜が咲いている所を選ぶ』っていう手もあるけど、どうかしら?
春野
そうか! あきらめちゃダメですねー。……でも、それは保険のつもりで、まずはなんとかがんばってみまーす!

 

 

 

比嘉 恵理
比嘉 恵理のコメント

桜の咲く時期は、人間にとっては卒業式や入社式など出会いと別れのイベントが続く季節です。ドラマチックな場面と共に、桜の美しさが強く心に刻まれている方も多いのではないでしょうか?
たとえ1本でも素晴らしい桜ですが、たくさん集まるとそれとは違う良さも見えてきます。大量の桜が満開になれば、まるで別の世界のような光景が見られますし、それが散り始めれば、まさに吹雪のように花びらが舞います。
「桜の名所」として知られている場所で、そうした絶景を楽しめる日帰りバスツアーが、この時期には大量に見つけられます。ツアー選びの際は、桜を見られる場所はもちろんですが、そこでの滞在時間も確かめておきましょう。
完全に桜が中心となっているツアーの場合は、そこで長時間すごせるようになっていますが、桜と他の何かを両方楽しめるツアーや、桜がオマケのようになっているツアーの場合は、どうしても滞在時間が短くなります。お花見のつもりで参加するなら、忘れずにここをチェックしてくださいね。

比嘉 恵理

桜を見に行くツアーの日帰りバスツアー一覧

その他の季節の花・紅葉ツアーを見る

他のテーマから日帰りツアーを探す

桜が花開く時期には、日帰りバスが各地の桜の名所へ次々と出発します。満開となった桜が楽しめるのは、本当にわずかな期間だけです。のんびり準備をしていると、機会を逃してしまうかもしれません。すぐに参加できる日帰りバスツアーで、華麗に咲き誇る桜を堪能しましょう。
『日帰りバス旅行会社』では、桜以外にも藤や梅といったその季節ごとの花を見に行くツアーや、春には桜が良く似合う神社や寺へのツアーなどもご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ご利用について

  • 日帰りバス旅行会社は、日帰りバスツアーの情報を検索比較する情報サイトです。日帰りバスの情報は各サイトから集めて掲載していますが
    変更になっている場合もございます。最新の情報は各社にお問い合わせください。
  • 当サイトではご予約・販売・お問い合わせは行っておりません。掲載各社にお問い合わせください。
  • ご予約に関してはお客様と旅行会社との直接契約となり、契約の不履行や損害に関して一切の責任を負いかねます。
▲ 日帰りバスツアートップ